化粧下地潤いを活用しよう

化粧下地には、さまざまな種類のものがありますよね。長時間の化粧による、油浮きや化粧崩れが気になる人は、テカりを抑えてくれる下地を選ぶことが多いのではないでしょうか。しかし、化粧崩れが気になる人には、化粧下地にこそ潤いが必要です。

化粧下地で潤いを保つことが必要な理由や、化粧下地の選び方についてご紹介しましょう。

(機能的化粧下地の技術開発が止まらない!)

化粧下地にこそ潤いを

夕方になると、テカテカになってしまったり、毛穴に落ち込んだ化粧のあとを見て憂鬱になることがありますよね。特に、乾燥する冬の季節には、油浮きを引き起こしやすくなります。さらに、敏感肌にとっては肌をいためる原因となってしまうので、より一層の油浮きや化粧崩れを悪化させる要因になってしまいます。

場合によっては、ニキビなどの肌トラブルの原因になりかねません。そして、油浮きによる化粧崩れを気にするあまり、スキンケアで油分を避けてしまったり、下地にテカりをおさえるものを選ぶ方は多いのではないでしょうか。

しかし、そうしたスキンケアや下地の選び方こそ、油分による化粧崩れを起こす原因になります。その理由は、お肌の潤いが不足していると、肌の保護機能がうしなわれて乾燥が始まってしまうからです。

その結果、肌を守るために皮膚は油分を多く毛穴から出します。そのことが、テカりの原因になったり、毛穴の開きにつながってしまうことになります。

まずはスキンケアを見直そう

夕方のテカりや、化粧崩れを気にしている方は、まずスキンケア全体を見直しましょう。そのなかで、化粧下地について改めて考え直す必要があります。まず、肌の水分量が足りているかチェックしてください。化粧崩れを気にするあまり、化粧水を十分に使っていなかったり、化粧水を使ってもクリームやオイルで蓋をしなかったりという方もいるのではないでしょうか。

しかし、そうしたスキンケアは肌の水分を徐々に失わせてしまうために、結果として化粧崩れを早くに引き起こしてしまいます。そうすると、せっかくの化粧下地も意味をなしません。まずは、洗顔後に化粧水をたっぷり使って水分を補給して、クリームやオイルで蓋をする習慣をつけましょう。

また、お肌の潤い不足を気にしていない人のなかには、実は潤い不足の隠れ乾燥肌の人もいます。化粧品のカウンターなどで、お肌の水分量を測ってもらうことができます。気になる人は一度、肌の水分量をチェックしておきましょう。

化粧下地潤いを選ぶポイント

では、潤いを保つ化粧下地にはどのようなものがあるでしょうか。ポイントは、潤いをキープすることを明示してある下地を選ぶことです。コッテリしたクリームタイプのものが多いので、化粧崩れを心配する方もいるかもしれません。

ですが、乾燥肌による化粧崩れを気にしている方は、まずは潤い系の化粧下地を試してみてください。潤い系の化粧下地には、美容液効果のあるものや、水分を保持して潤いを保つ特化したものがあります。また、乾燥肌かつ敏感肌の方に向けた化粧下地もあるので、肌のコンディションが気になる方はそうしたものを選んでみてください。

さらに、潤い系の化粧下地には、あらかじめパールが含まれていたり、ツヤ肌を演出するためのものなどがあります。肌のツヤ感を追求したい方は、こうした潤い系の下地を選ぶと綺麗に仕上がります。また、多少の油浮きも目立たないというメリットもあります。

高保湿の美容液を下地に

美容液のなかには、潤いを保つ化粧下地に使えるものもあります。プチプラのものも多くあるので、探してみてください。ボトルの表示などに、化粧下地にも使えると表記されたものを選びましょう。特にヒアルロン酸系の美容液は、化粧下地を兼ねたものがあります。

重たいテクスチュアが苦手な方に、特におすすめしたい化粧下地です。ヒアルロン酸系の美容液を化粧下地に使う場合は、洗顔後に美容液を塗り込んだあと、しばらく放置することがポイントです。肌の表面に水分が残っていると、化粧崩れの原因となる場合があるので、特にパウダリーファンデーションを使う方は気を付けましょう。

また、ヒアルロン酸が入った美容液は、クリームファンデーションとの相性が良いことが特徴です。ヒアルロン酸で水分を補給したあと、クリームファンデーションが水分を閉じ込める効果を発揮します。また、この組み合わせは夏の化粧崩れを防ぐこともできます。

外からの刺激に強く、また紫外線などを遮断してくれます。冬は油分が多めのクリームファンデーションを選ぶと、ツヤ肌も楽しむことができるのでおすすめです。

BBクリームやCCクリームで潤いを

乾燥が気になる女性に特に人気なのが、BBクリームやCCクリームです。化粧下地の代わりにもなり、お肌を適度にカバーしてくれます。また、肌に優しいクリームなので、敏感肌の人にもぴったりです。さらに、オールインワンタイプで、下地を兼ねているBBクリームやCCクリームも多く販売されています。

肌への負担が少ないのも、BBクリームやCCクリームの魅力です。プチプラで優秀なものが多いのも、こうした化粧下地が人気を集めている理由の一つです。ただしカバー力が薄いので、BBクリームやCCクリームだけで済ませたい場合は、コンシーラーを使って気になる部分をカバーしておきましょう。

そうすると、全体にすっきりとカバーすることができます。さらに、Tゾーンや目の中心にフェイスパウダーをはたいておくと、油浮きも目立たなくなります。フェイスパウダーのなかにも、スキンケア効果や保湿効果があるものが人気を集めています。

こうしたフェイスパウダーと組み合わせることで、肌の潤いをキープしながらお肌をカバーすることができます。ただし、BBクリームやCCクリームのなかにも、肌を乾燥させてしまうものがあります。潤いをキープするためのものを選んでください。

化粧直しにも化粧下地潤いを

それでも、乾燥が強い季節には夕方に化粧崩れが起こったり、油浮きが出てしまうことがあります。化粧下地のなかには、化粧の上から使えて、化粧直しに役立てるタイプのものがあります。まず、化粧の上からティッシュで軽く油分をおさえましょう。

その上で、化粧下地で保湿をしてから、パウダーなどで化粧直しをすると、綺麗に仕上げることができます。必要以上に油分をとると、化粧下地で直す効果が薄くなってしまうので、気を付けてください。